人気ブログランキング |

清水港でお船三昧♬

(1)
d0358854_20310291.jpg
一昨日の2018年1月7日は、午前2時半に起床して一路清水港を目指しました。
いいお天気に恵まれるそうですから、きっと富士山が綺麗に見えるに違いないという確信がありました。
現地入りしたのは午前6時前のことです。
あまり早く着きすぎても暗いだけですから・・・
7時少し前になって、ようやく富士山に太陽の光が当たり始めました。




(2)
d0358854_20310217.jpg
清水港へ行ったのは富士山もさることながら、なんと言ってもこの飛鳥Ⅱが寄港するからなんですよ。
やはり豪華客船と富士山はよく似合います。
何だかいいことがありそうな予感がしました。


(3)
d0358854_20310365.jpg
清水港日の出ふ頭に客船が入港するときは、駿河湾フェリーはこの定位置にいることはありません。
この日は消防の出初式が行われるため、このような措置になったとのことです。
飛鳥Ⅱが着岸してほどなく午前8時に一便が出港するため、私にとっては有難いことでした。


(4)
d0358854_20310386.jpg
早速、周遊乗船券(2,710円)を購入して乗り込みました。
太陽がまだ低いうちに海側から飛鳥Ⅱを撮りたかったこともありましたが、やはり船旅は楽しいものです。


(5)
d0358854_20310351.jpg
出港すると、このように富士山へ向かって進んでいきます。
そして、清水港を母港とする地球探査船「ちきゅう」が目の前に大きく見えてみます。


(6)
d0358854_20310397.jpg
これがその「ちきゅう」です。
独特の形状をしていて、中央に聳え立つ櫓は海面から130mほどあるそうです。


(7)
d0358854_20310381.jpg
土肥までフェリーで行き、下船せずにそのまま戻り、今度は11時30分発の港内遊覧船に乗りました。
これは清水港内を隈なく周遊しますから、飛鳥Ⅱに限りなく近づいてくれます。
観光客が投げるエサ目当てのユリカモメが追いかけてきて、撮影しにくいったらありません(;´Д`)


(8)
d0358854_20310417.jpg
さて、午後5時の出港時間となり、飛鳥Ⅱはゆっくりと清水港日の出ふ頭の岸壁を離れました。
次港は母港である横浜港です。
ご安航に!

by ZEISS_1221 | 2018-01-09 20:46 | 船舶