客船フォーレンダムが夜の横浜港大さん橋より出航

(1)
d0358854_08442185.jpg

昨日の16時に横浜港より青森港へ向けて出港予定だったフォーレンダムが5時間遅れになるとの情報を得ました。
「ラッキー!」ということで、急遽、横浜へと向かうことにしました。
撮影場所は最初から横浜マリンタワーと決めていました。

電車で横浜へ向かっている間も気が気ではありませんでした。
海外客船はフライング出港することが多く、また、乗った電車が徐々に遅れ始めていましたから(;´Д`)

心配は杞憂に終わりました。
私が横浜に着いたとき、フォーレンダムは横浜港大さん橋B号岸壁で出港する準備を整えている最中でした。




(2)
d0358854_08492838.jpg

はやる心を抑えてマリンタワーの展望台へと昇り、まずは広めに一枚。
みなとみらいから赤レンガ倉庫、そして、大さん橋方面を望んだところです。


(3)
d0358854_08504211.jpg

出港の少し前にロイヤルウイングが戻って来て華を添えてくれました。
このロイヤルウイングはかつての関西汽船別大航路の花形客船くれない丸だったんですよね。


(4)
d0358854_08514583.jpg

定刻の19時をやや過ぎたところで汽笛長声三発の後に、フォーレンダムは静かに岸壁を離れ始めました。
ロイヤルウイング、フォーレンダム、セレブリティミレニアム、マリーンルージュと、なんと豪華な眺めなんでしょう。
つくづく、マリンタワーを撮影場所に選んで良かったと実感しました。


(5)
d0358854_08535306.jpg

タグボートに付き添われて、なおも後退していきます。


(6)
d0358854_08542386.jpg

ほぼ正面を向いたところですね。


(7)
d0358854_08544579.jpg

なおも船首の向きを変えて、いおいよ前進を開始します。


(8)
d0358854_08552708.jpg

赤灯台を通過しようとしているフォーレンダムです。


(9)
d0358854_08560334.jpg

鶴見つばさ橋とベイブリッジの橋脚が特徴的で、個人的には好きな場所です。
やがて、フォーレンダムはベイブリッジへと至ります。


(10)
d0358854_08571137.jpg

ベイブリッジをくぐって港外へと出て行きました。
次港は青森港です。
ご安航をお祈りします。

撮影年月日:2018年4月25日(水)
撮影地:神奈川県横浜市「横浜マリンタワー」
撮影機材:オリンパスOM-D E-M1
     OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
     OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 12-4mm F2.8 PRO

【フォーレンダム シッピングデータ】
総トン数 - 60,906トン(最終改装)
全  長:238m(最終改装)
全  幅:32.2m
喫  水:7.8m
デッキ:10層
客室数:720室
乗客定員:1,440名
乗組員数:647名
就航年:1999年7月
客船会社:ホランド・アメリカ・ライン
巡航速力:23ノット
主エンジン:Diesel-electric(37,500kw)
レーティング:プレミアム
船籍国:オランダ王国

[PR]
トラックバックURL : https://zeiss8514.exblog.jp/tb/26708229
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by ZEISS_1221 | 2018-04-26 09:02 | 船舶 | Trackback | Comments(0)