鎌倉・長谷の光則寺でヤマアジサイを愛でる

(1)
d0358854_22040726.jpg

混みあってきた長谷寺を後にして向かったのは光則寺です。
長谷寺と通り一本隔てたひっそりとした住宅街の奥にあって、個人的にはとても好きなお寺さんです。
海棠が咲く時期は大変な混み方をしますが、それ以外の時期は静かに時を過ごすことができる環境です。




(2)
d0358854_22040870.jpg

光則寺は山門をくぐっても本堂が見えません。
辛うじて屋根が見えるくらいで、初めて訪れたときは妙な違和感がありました。
慣れるとそれが当たり前に思えてくるから不思議です。


(3)
d0358854_22040800.jpg

光則寺では地植えの紫陽花は数株しかありませんが、全国から取り寄せたヤマアジサイを鉢植えにして境内に飾ってあります。
居ながらにして各地のヤマアジサイを愛でることができるのは嬉しい限りですね。


(4)
d0358854_22040868.jpg

鉢には丁寧に紫陽花の名前が書かれていましたが、私は特に書き留めるようなことはしませんでした。
あるがままの美しさを感じたいから、といえば聞こえはいいんでしょうけれど・・・


(5)
d0358854_22040828.jpg

ヤマアジサイの多くはガクアジサイのようですね。
なんとも繊細な感じを受けました。


(6)
d0358854_22040847.jpg

こうやって見ると鉢植えであることを忘れてしまいますね。


(7)
d0358854_22040968.jpg

一般的なガクアジサイよりも小ぶりな感じで、それでいて印象は強く感じられました。


(8)
d0358854_22040928.jpg

光則寺にあるヤマアジサイの中でも一番気に入ったのはこの株です。


(9)
d0358854_22040914.jpg

なんとも言えない気品と透明感がありました。
たくさん咲いている紫陽花もいいものですが、こうやって見せていただいているヤマアジサイもいいものです。
次回訪れるときは、もう少しゆっくりと過ごしたいものです。

2018年5月22日(火)訪問

by ZEISS_1221 | 2018-05-26 22:17 | 花・樹木