太平洋の白鳥・帆船「日本丸」

(1)
d0358854_19561014.jpg

今日の午前10時30分に東京港晴海ふ頭HJ岸壁を離れた日本丸は、ドック入りのため根岸までの回航となりました。
昨日、その情報をキャッチしたため、予定を変更してリンボーブリッジへと向かった私でした。




(2)
d0358854_19561067.jpg

晴海ふ頭のHJ岸壁は客船ターミナルよりもかなり奥にあります。
超望遠(420ミリ相当)レンズを使ってもこんなものです。
まぁ、時間通りに離岸したようです。


(3)
d0358854_19561061.jpg

サポートにあたったタグボートは芝浦通船の日の出丸です。


(4)
d0358854_19561057.jpg

日本丸は先導するタグボートに追従して航行を始めました。


(5)
d0358854_19561180.jpg

先導するタグボートが私が待ち構えている場所の真下を通過していきました。
まずはよしよしといったところでしょうか。


(6)
d0358854_19561162.jpg

あれ、ここで真正面を向いてしまいました。
そうか、先客がいた場所が真正面だったのか・・・
今更動くわけにもいきません。


(7)
d0358854_19561159.jpg

ということで、向きを少し変えて、日本丸は私の右側を通過していきます。


(8)
d0358854_19561193.jpg

でも、まぁ、レインボーブリッジから航行する日本丸を見ることができたのですから大満足です。
そこで気になるのが海王丸の動向です。
いつまでも10号地その1多目的ふ頭に停泊している筈はありませんからね。

撮影年月日:2018年6月13日(水)
撮影地:東京都港区海岸「レインボーブリッジ遊歩道ノースルート」
撮影機材:オリンパスOM-D E-M1
     OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO
     OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO+テレコンバーターMC14

[PR]
by ZEISS_1221 | 2018-06-13 20:10 | 船舶